読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしづくり・くらしづくり・ふたりづくり

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

手抜きじゃない シンプルに食べるのがおいしい

スポンサーリンク

夏野菜がおいしい季節になりました。

f:id:addieayumi:20160702093230j:plain

 

とうもろこし。

圧力鍋で蒸していただきます。レンジより甘みが感じられるような気がします。

最近は野菜も切っただけ、蒸しただけ、茹でただけ、でいただくことが多いような気がします。

切っただけのきゅうり、トマト。

蒸しただけの、とうもろこし、ナス。

茹でただけの、青菜。

 

ほんの少しの醤油とか塩とか、オリーブオイルとか、ほんの少しだけ味付けをして(あるいはそのまま)いただくのがおいしく感じます。

 

夏野菜だけでなくて、冬の野菜も蒸しただけ、茹でただけ、ということが多い。

 

前はそんな食べ方も「手抜き??」なんて自問自答していましたが、最近はそうやって食べるのがいちばんおいしい!と、自信を持って(笑)出しています。

 

そうすることで、野菜の甘みとかみずみずしさとかがダイレクトに感じられ、そんな食べ方が何よりの贅沢なのかななんて思うのです。

 

別に有機野菜とか、「こだわった野菜」でなくても、新鮮にいただけるなら十分。

うちでは、ドレッシングを買うことがなくなりました。

 

もともとわたしは、ドレッシングは使わないのですが、主人は食べづらかったようで、ドレッシングを買ってほしい、とよく言っていました。

でも、必要なら自分で簡単なものなら作れるし、(あきらめたのか?)主人も最近は塩や味噌、マヨネーズなどで(あるいはなにもつけずに)シンプルに食べています。

 

もちろん、醤油やみりんでしっかり味を付けたキンピラとかもつくるし、煮物や炒め物をつくることもありますが、シンプルな食べ方をおいしく感じられる、ということも大切なこと、贅沢なことだなと思います。

 

暑い毎日、できるだけ火は使わない調理をしたいですね。

今日もしっかり冷やして、切っただけのきゅうりやトマトをしっかり食べて、夏バテ防止&クールダウンをしようと思います。

 

 

スポンサーリンク