わたしづくり・くらしづくり・ふたりづくり

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

トイレをほんの少し公開 わが家のトイレ掃除

スポンサーリンク

わが家のトイレをほんの少しだけ公開。

f:id:addieayumi:20160720171306j:plain

2箇所あるうちのひとつです。

(もう1箇所はもっと狭いです)

 

マットは置いていません。

スリッパも以前はありましたが、撤去しました。

 

ほぼ毎日、スプレーになっているクリーナーをトイレットペーパーにシュッとして、便座から床まで拭くようにしています。

(トイレブラシはあります。これはまだ撤去できません)

 

マットがないことで、逆に清潔に保てるようになりました。

 

ほぼ毎日拭いているとは言っても、結構ほこりがたまるのがわかります。

 

マットを置いていると、置いていることに安心してしまって(または、マットをどかして拭くという作業がめんどくさくなってしまって)見えないゴミに気づかずにいるようになっているかもしれません、わたしの場合。

 

床まで拭いているので、裸足でそのままトイレにも入ってしまいます。

 

スリッパがないことも、お客様が来たときはどうなの?と思ったのですが、そもそもうちにはほとんど来客がないので、来たときだけ設置をしようと思っています。

 

風水的にはどうなの?ということも考えましたが、トイレも“部屋のひとつ”として考え、清潔に保つことを心がけているほうが、結果的には運気もよくなるのでは?という、わたしなりの解釈です。

 

ちなみにサニタリーボックスは置いていません。こちらのトイレには、トイレットペーパーの下に作り付けのボックスがあるので、そちらを使って、マメに別のゴミ箱に移動するようにしています。

(もう1箇所のトイレには、こんな作り付けもありませんが、そちらにもサニタリーボックスは置いていません。サニタリー関係はその都度持ち込んで、使用後のものもその都度捨てています)

 

トイレ掃除と言っても、クリーナーをシュッシュッとしながら、あちこち拭いて回って終了という簡単なものです。ほぼ毎日の日課にすることで、汚れもあまり溜まらず、短時間で終わっています。

 

ほぼ毎日、というのは仕事で早番の時など、できないときもあるから。“必ず毎日やるぞ!!”と意気込むことなく、ゆるく続けていくほうが、かえって日課として長く続けられるコツなのかもしれません。

 

日課になってきたことで、確かに運気がよくなってきたような気がします。

これからもしっかり磨いて、いい気を迎え入れたいと思っています♪

 

 

 

スポンサーリンク