読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしづくり・くらしづくり・ふたりづくり

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

身軽に、フットワーク軽く、興味のあることへは積極的にいこうと思ったこと

スポンサーリンク

昨日たまたま観たテレビ番組。

 

突然、「今から〇〇へ行って、〇〇を体験してみませんか?」というもの。

 

街行く人に

テレビ:一生のうちに一度体験してみたいことってありますか?

 

街行く人:んー、□□とかかなー・・・

(とか、それぞれのやりたいことのやりとりがいくつかあって)

 

テレビ:例えば、スカイダイビングってやりたくありませんか?

 

街行く人:あー、いつかやってみたいです。興味あります。(などなど)

 

テレビ:今から行ってやりませんか?オーストラリアなんですけど。

 

街行く人:今からですかっ???

 

みたいなやりとりがあって、「今からだとちょっと・・・」ということになって断ってしまいます。

だって、その時夕方5時頃で、これからそのまま成田空港へ向かって、夜8時過ぎの飛行機に乗るスケジュールなので、断るのも無理はありません。現実的ではないし。

 

でもそんなインタビューが50組以上あって、ついに「行きます!」という人が見つかります。

 

最初に見つかった女性は、その時たまたまパスポートも持っていて(TSUTAYAの更新をするためにたまたま持っていたそう)、バイトも休めることになり、行けることになりました。

次に見つかった男性は、パスポートは実家にいるお母さんが成田空港に持ってきてくれることになって(取りに帰る時間はない)、予定もなく行けることになりました。

 

そして、数時間後には飛行機の中、さらに数時間後にはスカイダイビングをしていたのです。

f:id:addieayumi:20170113065944j:plain

 

まぁ、テレビだからできる、現実的ではない、と言ってしまえばそれまでなんですけど、観ていて思ったのは、「普段から身軽にフットワーク軽く行動していれば、こんな(ありえない)話でも身軽に『行けます』って言えるんじゃないかな」ということでした。

 

例えば持ち物でも、できるだけ少ない荷物で動けていた方が、何かあってもすぐ行ける。

興味のあることへは、積極的にやっていた方が、何か大きなチャンスがやってきたときにもすぐ対応できそう。

人間関係もできるだけシンプルに。

 

特に『自分がやりたいこと、楽しいと思えること』を優先させて、何があった時でも、まずそれを軸に考えていく、簡単にできるようでいちばん難しいことなのかもしれません。

 

わたし、何をするにもまず頭でいろいろ考えてしまうんです。

 

慎重といえば聞こえはいいですが、石橋を叩いて、叩いて、叩いて、最後には叩き割って渡れなくなってしまうタイプ。

 

それは、昔から自覚しているところなんですが、今回のテレビを観て、もっともっと身軽で行こう、心も身体もと思いました。そして持ち物も人間関係も。

そして、興味のあることへは積極的に、身軽に向かっていこう、そうしたらいつか突然やってくる『チャンスの神様の前髪』もためらうことなくつかめるはずかもと改めて思った番組でした。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク