読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしづくり・くらしづくり・ふたりづくり

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

家の中も以外と危ないものです

スポンサーリンク

おはようございます。

 

昨日の誕生日に、お祝いのメッセージを寄せてくださった方、ありがとうございました。

おめでとう、という言葉はいくつになってもうれしいものです。

(お返事が追い付いていなくて申し訳ありません。あと、とっても遅ればせながら、はてなブックマークをやってみることにしました。←今までやったことがありませんでした・・・。いまいち仕組みがわからない・・・でもコメントは、ありがたく読ませていただいています)

 

今日は、1日遅れのバースディーディナーに行ってきます♪

 

 

さて、いつも楽しく読ませていただいている、りえっこさんのブログ。

先日の記事にハッとさせられました。

www.kaiunsimplelife.com

その後、お義母様は大丈夫でしょうか・・・?

 

 

高いものを取ろうとして、足元がぐらついてしまうこと、わりとあるんですよね。

うちも、義母が「終活する」と思い立って、高いところにしまってあるものを取り出そうとしたときに、椅子から落ちてしまったことがありました。(幸い、どこもケガはありませんでしたが・・・)

 

そんなこと言ってるわたしも、そんな経験があるんです。

その時使っていたのが折り畳みの椅子。

 

天袋からものを取り出して、下ろそうとしたときに足元がよろけてしまって、背もたれに近い方の座面を踏んだら、そのまま椅子が折り畳んだ状態になっていってしまって、その拍子に背もたれに肋骨を強打→そこから落ちてしまいました。

 

目の前に星がキラキラしてましたが、意識はあって、でもしばらく動けなくなってしまって、そのあともずっと胸のあたりが痛い。

病院に行ったら、肋骨を骨折していました。

 

高いものを取るとき、つい近くにある椅子にひょいっと乗ってしまうことってよくあると思うんですよね。

 

椅子の上にこんなクッションを置いている方もいるかもしれませんが、この上に乗ってしまうことも危険!足元が不安定なこと、この上ないです。(←よろけたことあり)

f:id:addieayumi:20170207070503j:plain

しっかりと足元を確認してから乗った方がいいです。(当たり前ですね)

 

 

またりえっこさんの言う通り、部屋着が引っかかることってあるんですよね。

椅子に乗っていなくても、上着の裾が椅子の背もたれとかに引っかかってしまうことがあるし、マキシスカートも裾を踏んでしまったり、階段の上り下りの時に踏んでよろけてしまいそうになったり・・・。

 

また、家の中も以外と危険なところや、滑ったり転んだりしてしまうシチュエーションって多いんですよね。

家の中のちょっとした段差は気をつけていても、履いているスリッパで滑ってしまったり、階段でつまづいてしまったり・・・。階段も、自分が思っているより、足は上がっていないんだな、とつまづきそうになるたびに気づかされます。

 

まさかこんなところで・・・っていうところで、事故っておきやすいものですよね。

改めて、自分の着ているものや、家の中、導線などを確認しようと思いました。

りえっこさん、いい気づきをどうもありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク