読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしづくり・くらしづくり・ふたりづくり

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

身体からのサインはちゃんと受け止めてあげよう

スポンサーリンク

先週末あたりから、体調を崩してしまいました。

早1週間、まだ何となくグズグズしています。

 

今回は、喉にきました。

 

もともと扁桃腺が弱く、いつも喉から風邪をひきます。

今回も、喉が痛いなーと思いながら寝たら、翌朝は声がガラガラ、つばを飲み込むのも痛い状態。

呼吸もゼーゼーしてきたり。

 

いつもなら、そこで熱が上がってくるのですが、今回は熱はさほど上がらず、食欲も落ちることなく、喉の痛みだけ。

翌日はさらにひどく、朝起きた時には、ほとんど声が出なくなってしまいました。

 

幸い、週末でたいした予定がなかったので、家でゆっくりして、昼食後も布団でしっかり昼寝をすることができたので、早めに回復に向かうことができました。

 

f:id:addieayumi:20170223163507j:plain

台湾の庭園にいた人。やっぱりちょっとアジアを感じる??

 

思い起こせば、台湾で足つぼマッサージをしてもらった時に、ものすごく痛いところがあったんですよね。

 

あまりにも痛いので、そこはどこにつながっているのか尋ねたら、「気管支」とのこと。

元々、喉から気管支のあたりは弱い方なので、弱いから痛くなるのかなとあまり気にしていなかったのですが、今から思うとこれもサインのひとつだったのかもと。

 

そして、気温の差だったり、すごく乾燥している中に長時間いたりなどもしました。

旅行中から旅行後も、体力的にちょっと無理をしたことがあって、少し気を張っていたのですが、それが抜けて、気を緩めたら、途端にこの状態・・・。

わかりやすい身体の反応でした(笑)

 

身体から出てくるサインって、やっぱりちゃんと意味があるのでしょうね。

せめてサインに気づいた時は、早めにちゃんとケアしてあげよう、自分の身体なのだから、自分でちゃんと労わってあげよう、と布団の中で改めて反省したのでした。

 

まだ寒暖差の大きい日が続きますので、皆様も気を付けてくださいね。

 

 

スポンサーリンク