読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしづくり・くらしづくり・ふたりづくり

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

【写真工程つき】甘さをしっかり感じる満足感たっぷりの甘酒の作り方

スポンサーリンク

先日作った甘酒は、あっという間になくなってしまったので、先日今年2回目の甘酒をつくりました。

 

甘さをしっかり感じる甘酒はやはり満足感があります。

 

今回は、写真も入れながら簡単ですが工程つきの、ヨーグルティアを使った作り方をご紹介。分量も簡単です。

 

甘さ倍増の甘酒の作り方

1)容器を消毒する

f:id:addieayumi:20170321063547j:plain

熱湯をかける、容器に水を入れてレンジにかけるなどのやり方がありますが、わたしはパストリーゼをシュッとして拭いてしまいます。

 

 

2)乾燥麹を袋の上からほぐす

f:id:addieayumi:20170321063646j:plain

袋から開けて、ほぐしてももちろんいいですが、袋の上からだと手も汚れず便利。

 

3)容器にごはん200gと乾燥麹を入れる

f:id:addieayumi:20170321063818j:plain

 

4)水400㏄を入れて、スプーンで大きく混ぜる

f:id:addieayumi:20170321064026j:plain

 

5)ハンドブレンダーにかける

f:id:addieayumi:20170321064325j:plain

ここがポイント。麹とごはんが発酵して甘味が出てくるのをハンドブレンダーにかけることで早めます。

(ハンドブレンダーがなければ、ここまでミキサーにかけて、容器に移します)

 

6)水100㏄を加える

f:id:addieayumi:20170321064524j:plain

これはお好みで。400㏄のままでもいいですが、わたしはさらに100㏄加えることで、そのままでも飲みやすくなるので、加えています。(5の時点で500㏄を一度に加えてもいいですが、容器内がいっぱいになり、ハンドブレンダーがかけづらかったので分けていれました)

 

7)ヨーグルティアにセットして、55℃で8時間。

 

8)完成

f:id:addieayumi:20170321153155j:plain

自然な甘さの甘酒ができあがりました。

そのままでいただいたり、ヨーグルトや牛乳で割ったりなどしていただいています。

写真は、牛乳にシナモンを少し。

 

火入れをする方法もありますが、熱を入れてしまうと甘酒の酵素が死んでしまいます。

わたしは、火入れをしない生甘酒でいただいていますが、冷蔵庫に保管して、早めに食べきるようにしてください。

(半分程度に分けて冷凍してもOKです)

 

自然な甘味でも、かなり甘さを感じて満足感もあります。

甘いお菓子も好きですが、食べ過ぎるとやっぱり罪悪感を感じてしまう・・・こちらなら健康的な甘いおやつになります。(でも食べ過ぎ注意ですが)

 

ヨーグルティアはこちらから。

うちでは、何気に頻繁に稼働している電化製品。3日に一度はヨーグルトを仕込んでいます。

 

 

パストリーゼはこちらから

食品にも直接噴きかけることができる安心な消毒スプレー。容器の消毒にはいつもこちらを使っています。

 

乾燥麹はスーパーで売っているものを買いましたが、お好みのものを。

 

 

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

スポンサーリンク